株式会社  創   芸

地球にやさしいすこやかな空間を提案します

TEL.06-6719-2646

〒546-0041 大阪市東住吉区桑津2-16-13

嵐山 祐斎亭で秋満喫

嵐山 祐斎亭で秋満喫

行ってきました!

素晴らしいお天気です。  晴れ女は私!

亀岡まで車で一時間  こんな日京都まで車で行くのは アホですよ m(__)m

亀岡からは電車で嵐山に行くつもりだったけど

ダメ元で電話・・・ 保津川下り協会  あと15分くらいで出発します。急いで!って。

この日は時刻表関係なしで次々に船が出すとか・・・  ラッキー (^^ゞ 何かにつけて

幸運な私・・・

乗れました。保津川下り

009  018

男前のお兄さんが色々説明してくれます。 台風18号で嵐山は大打撃 保津川下りも運休状態だったとか。

自分たちで川の石を避けたりして船の通り道をようやく確保したって・・・

紅葉の時期に間に合わせるために大変な作業だったんでしょね。

ありがとうございました。

お陰で素晴らしい体験が出来ました。

トロッコ列車と遭遇  乗客の皆さん 手を振ってくれました。

025  023

 

嵐山は人・人・人・・・ カップル・おばはん4人組・おっちゃんばっかりの団体さんなどなど

 

目的は祐斎亭!仕事でお付き合いのあるO工務店 会長の弟さんは有名な 奥田 祐斎 さんの

工房にご招待頂きました。

前日 会長 自ら釣った ガシラやアジ等色々ごちそうしてくださいました。

お腹いっぱい! 嵐山 辨慶で お弁当を作ってもらって持参したのに手も付けず

お魚とお酒ともみじで

秋満喫の一日でした。

祐斎亭の 染め物 ルーブル美術館にも出品されたとか。

042

この染色技法にはびっくりです。

043   044

黒字に白の桜が 照明を当てた瞬間 何ということでしょう?  鮮やかな桃色に!  え~っ?

どうなってるの?

1200年前の染技法を 先生が再現されたものです。

045  038

祐斎亭は驚きの連続

お手洗いは水琴窟もあって 竹の筒から聞こえてくるなんとも言えない音色は何度も何度も

柄杓で水を落として耳を澄ませ 長い間トイレにこもってしまいました。

029   037

039  053

何とも懐かしい風景  もみじと軒先の干し柿     川端康成が執筆した部屋もありました

063

帰り道の竹林 火曜サスペンスに出てきそうな風景

でも今日はひと・人・ ひと

何でもよくご存知で 食にもとても拘っておられて 素敵な方でした。

祐斎先生 ありがとうございました。

またお伺いします。

« »